infoseek 株価サービス 証券コードまたは会社名を入力してください。

株価とはカテゴリの記事一覧

株価とは?

株式の価格。株価あるいは株価に発行済株式数を乗じて得られる時価総額は企業の価値を示す指標のひとつと考えられています。また市場全体の平均株価など集約された株価は、経済活動全体に対するひとつの指標としてとらえられてもいます。
基本的には、投資家の「買い(=需要)」と「売り(=供給)」の関係において決定されます。これを特に実勢株価などと呼ぶことがあります。これに対し、企業の収益性、同業他社との比較などにより求まる株価もあり、これは理論株価と呼ばれる。また理論株価を算出することをバリュエーションといいます。実勢株価と理論株価は必ずしも一致しませんが、実勢株価は理論株価に戻ると信じられており、実際理論株価から大きく乖離した実勢株価が理論株価の水準に収斂していくことも多くみられます。

逆に実勢株価を妥当な価格として、そこからファンダメンタルな条件を逆算しようという考え方は一般に均衡理論とよばれています。
理論株価とは
業績や財務情況から算出された「本来あるべき株価」。企業が将来的に稼ぎ出すキャッシュフローあるいは経済価値の現在価値が株価であると考えるもので、何種類かの計算モデルがあります。
優先株や転換権付き社債その他派生商品などの市場価格から逆算した株価、合併などイベントを考慮した株価など特定のシチュエーションで計算される株価も理論株価とよばれています。
市場で売買されている価格はいずれ本来あるべき株価にサヤ寄せするとの考えかたから投資信託に組み入れる株式の選定やポートフォリオの評価に使われています。

株価を形成する要因
株価とは、企業の価値を“発行済株数 X 株価”と大雑把に考えたとすると、それを反映したものであるべきですが、
株価はいろいろな要因によって決定されます。 
具体的には、企業の業績の見通し、新株発行や自社株買いなどの需給要因、企業の属する業界の動向
企業の競合相手の動向、日経平均などの株価全般の動向、債券マーケット(金利)の動向、為替の動向
などがあげられます。
大企業の株価は上記の要因が複雑に重なって形成されますが、それ以外はその企業の業績によって決定されます。
株価は、需要と供給のバランスによっても左右されます。 売りに出される株数よりも買いの株数の方が多ければ
株価は高くなり、逆に、売りに出される株数が買いの株数を上回るときには、株価は下がります。
企業の業績が伸びることが予想されれば、株主への配当金の増加や将来のキャッシュフローの増大などが期待されます。
配当金の増加は株式投資の直接リターンの増加につながり、将来のキャッシュフローの増大は企業価値の増大(株価の上昇)につながり、将来のキャピタルゲインが期待できます。
企業が属する業界や競合他社の動向も株価に直接的に影響を与える要因です。

金利(債券市場)は2つの面から株価に影響を与えます。
一つは、金利が高くなる見通しの場合は、債券投資に投資資金が向かい株式市場から資金が流出するため、
株価が下落するケースがあります。
二つめは、債券に資金が向かった結果、金利が下がることが予想されるため、企業の資金調達コストの低下のシナリオから株価が上昇することもあります。
最近の株式市場と債券市場では、後者のケースの方が多く見られます。
近年、発展して整備されてきた信用取引市場、先物・オプション市場などの動向が現物の株式市場にも大きな影響を与えます。
株価は、国内外の政治、景気、為替などの動向などからも多大な影響を受けます。
 これらの要因はマクロ経済的な視点から株式市場に影響を与えますので 、株価は個別に影響を受ける場合もあれば、業界もしくは株式市場全体で影響を受けることもあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。