infoseek 株価サービス 証券コードまたは会社名を入力してください。

日産自社長「今後も利益を伸ばしていけると楽観視」 株主総会

ゴーン社長強気ですね
一部では高すぎる年棒が話題になってますが

株主も利益を還元してくれれば文句でないかと
 
日産自動車(7201)は29日、横浜市内で株主総会を開いた。カルロス・ゴーン社長は2011年3月期業績が増収増益となったことに関して、「東日本大震災の影響もあったが、世界販売や市場シェアの両面で過去最高を達成した」と述べた。

 株主からは先行き業績や今後の事業戦略に関する質問が出た。12年3月期は世界販売が過去最高を更新する一方、営業減益予想となったことについて、ゴーン社長は「前の期に比べた円高想定や原材料価格の上昇見通しが利益減少の要因。1円の円高で営業利益を200億円押し下げる」と説明した。ただ新型車の投入や新興国戦略の強化などで、「今後も利益を伸ばしていけると楽観視しており、最低でも純利益の25%を株主に配分する」と先行きの成長に自信を示した。
タグ:株主総会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212433762

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。